窓がはめ込み窓の箇所があり、あけられないので風通しが悪い

建売住宅を購入したためすでに完成していたということが一番の原因と言えます。

購入前にその辺も確認して、開け閉めできる窓への変更してほしいなど交渉すればよかったと思います。

新築できれいなのは当たり前なのに設備や日当たりばかりを気にして「風通し」など気にも留めずに購入を決めました。

住んでみて「この窓が開けられたら夏場の暑い日も少しは快適にすごせるのに」「窓の幅がもう少し広ければ出入りしやすい」と気づきました。

その後、建築した会社に「窓をはめ込みから開け閉め可能な窓に付け替えることは可能か?窓の幅を変更することは可能か?」と確認したところ、「はめ込み窓なので難しい、壁を壊さないと」と言われ、そこまでしてやらなくてもいいかなと思い断念しました。

住んでみてから気づくことはたくさんあるので将来大規模なリフォームをするときを楽しみにするしかありません。

また、角地に立っているおかげで日当たりはいいのですが、家の横によく無断駐車されます。

治安が悪い地域ではありませんが近くに工場がある関係で空気が悪いと感じます。

後から住み始めた手前文句は言えません、時々そのせいでのどが痛くなったりするたびにもう少し家が建っている地域の環境も調べればよかったなと思います。

もっと詳しく⇒花見川区の注文住宅